将軍の日とは?

戦国時代、合戦で将軍が戦場から離れた陣営で戦局を見極め、戦略を立てたように社長も、日常業務から離れ、会社の将来を考え抜く時間(経営計画)を持ちましょう。 「経営計画を創る事」とは、会社の未来を“視考”する(=描いて、視て、考える)こと。

税理士法人 久保田会計事務所

当事務所の「将軍の日」単独開催は10年以上の歴史があり、経営計画を作成された企業は述べ500社以上にのぼります。
昨今の厳しい経済環境下では、羅針盤(経営計画)なくして荒波を乗り切ることは出来ないと確信しています。
どうぞ当事務所にて、会社の未来図(羅針盤)を作成してみませんか?

〒604-0886 京都府京都市中京区丸太町通東洞院東入関東屋町671
Tel:075-222-1234  Fax:075-222-1240

更新履歴|News & Topics

トップページへ戻る